お知らせ

熱中症にご注意を!

投稿日:

こんにちは、看護師の境です

6月に入り、気温の高い日が多くなってきました。

これからの時期は人間ももちろんのこと、ワンちゃんやネコちゃんの熱中症にご注意下さい。

ワンちゃんはお散歩中に熱中症になることが多いです。
夏場の日中は、アスファルトの温度が50〜60度にもなると言われています。

ワンちゃんは人間と比べて、地面からの距離が近いのでより体温が上昇しやすくなり熱中症に繋がります。

熱中症の症状として
・ふらふら歩く
・ぐったりする
・息苦しい
・よだれが多い
・食欲低下

そのほかに、水を飲まない、発熱、下痢、嘔吐など

重症の場合、けいれんを起こし、臓器不全により最悪亡くなることもあります。

熱中症かも…と思ったらすぐに
涼しい場所へ移動し、首や脇、足の付け根に保冷剤や氷などを当てましょう。

さらにお風呂場等で冷水のシャワーを全身に浴びせると早く体温が下がりやすいです。

お水も飲ませた方がいいですが、嫌がって飲まない場合などに無理に飲ませると誤嚥する恐れもありますので、ご注意下さい。

熱中症を避けるために、気温が上昇する前の朝や、夕方にお散歩に行くことをお勧めします。

ネコちゃんに関しては室内にいても熱中症になることがあります。
エアコンがあるご家庭はエアコンを付け、ないご家庭は扇風機をつけたり、冷却マットを設置するなどお部屋を涼しくしましょう。
新鮮なお水をいつでも飲めるように、水飲み場もいくつか設けましょう!

応急処置で良くなった!と思っても、体の中では大きなダメージを受けている可能性もありますので、念のため動物病院を受診されることをお勧めします

-お知らせ

執筆者:

関連記事

no image

ぶどう♪

こんにちは、看護師の渡邊です 先日、飼い主さんからブドウを頂きました 今が旬のブドウとっても甘くて美味しかったです そんな美味しいブドウですが、 ワンちゃんネコちゃんは急性腎不全を起こす 可能性があり …

no image

ブログを始めました。

獣医師の長澤です。 前任の井関院長から病院を引き継ぎ、ちょうど1年が経ちました。急な交代となり、飼い主様にはご心配やご迷惑をお掛けしたと思います。 井関院長、大前先生をはじめ、多くのスタッフの皆様が築 …

no image

猫バンバンって知っていますか?

こんにちは、看護師の境です この季節になるとよくSNSで拡散されますが、 “猫バンバン” 皆さんはご存知ですか?     猫バンバンとは、暖を取るために車のエンジンルー …

no image

猫の困った行動の一つ

こんにちは、看護師の境です。 いきなりですが、猫ちゃんの飼い主様なら一度は経験していないでしょうか? 「猫がシンクに入っちゃう問題。」 入るだけならまだしも、三角コーナーや排水溝の蓋を開けてゴミを漁る …

no image

年末年始の休診日

年末年始の休診日は12月30日から1月2日までとなっております。年内は29日の午前診察のみとなっております。年末年始の休診期間は、お薬、フードの注文等もお受け出来ませんのでご理解の程よろしくお願いしま …

-->